幸福の木の育て方 第3話―ドラセナが枯れた原因は? 2006.12.27

トップ >育成体験ストーリ >第3話―ドラセナが枯れた原因は?

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第3話―ドラセナが枯れた原因は?」を掲載しています。

今回は、第1話で紹介した完全に枯れたドラセナについて、なぜ枯れたのか原因を考えてみました。

2006年12月27日現在の幸福の木

2006年12月27日現在の幸福の木(左)と完全に枯れた幸福の木(右)

現在、幸福の木(ドラセナ)は寒さに負けず相変わらず緑の葉が茂っています。 ところで、なぜ前の幸福の木(ドラセナ)は枯れたのでしょうか?

育て方を換えたわけでもないですし、9月頃と暖かい時期から枯れ始めました。 今回は第1話で紹介した「完全に枯れたドラセナ」について、なぜ枯れたのか原因を考えてみることにしました。

枯れたドラセナについて振り返る

もちろん素人が育てていたので、枯らす原因はたくさんあると思います。 しかしながら、コツコツ作業には自信があるのに、しかも愛情たっぷりで育てていたつもりなのになぜでしょう。(涙)

そこで、ドラセナの解説書などを参考に「理想の育て方」と「私の育て方」を比較してみて、問題点を考えてみることにしました。

次の表は、その比較した結果をまとめたものです。

表 ドラセナが枯れた原因の可能性
ポイント 育て方の理想 育て方の実際 判定
置き場所 明るい室内に置き、葉やけしやすいので、真夏は直射日光にあてない。 デスク用のランプを当てるようにしていた。直射日光は当ててない。 ○:問題なし
水やり 鉢土の表面が乾いたらすぐに水を与え、あげすぎに注意する。 常に、土は湿った状態をキープするように毎日管理していた。 ○:問題なし(※)
肥料 アンプルの場合は、2週間に1回程度液肥をあたえる。 大体2週間に1回程度でアンプルを交換していた。 ○:問題なし
越冬温度 越冬は8~10度以上必要で、出来れば15度以上を保つ。 4月から10月の間だったので、15度以上だったはず。 ○:問題なし
移植 5~9月頃に行う。 7月頃にハイドロボールから、100円均一で買ってきた観葉植物用の土に換えた。 ○:問題なし
用土 出来るだけ病害虫が発生あるいは発生していない用度を選ぶ。ハイドロボールなどは安全性が高い。 ハイドロよりも、土のほうが良いと考え100円均一で買ってきた観葉植物用の土に換えた。8月ごろから枯れ始めて10月の終わりごろには葉に緑はなくなった。 ×:病気発生
異変対処 現在痛んでいる箇所(変色している)は、病気の可能性あり、菌広がってしまうので切り取る。切り取ったらロウを塗っておく。 変色してきても自分のドラセナを傷つけるのが怖くてそのままにしていた。 △:処置不足

整理した内容を考察

病気に犯された幸福の木

すると置き場所や水やり(※)、肥料、温度といったポイントは問題なかったようです。

おかしくなったのは、ハイドロボールよりも土のほうがすくすく育つだろうと考え、 観葉植物用の土に換えた後からでした。

そして、病気に犯されてもただ愛情を注ぐだけで応急処置が行われず枯れてしまったようです。

幸福の木の育て方の教訓

用土もあやしい?

以上のことから、幸福の木を育てる上で、光の当て方、温度、水やり、肥料も大切だけど、 用土選びは重要であるということがいえるのではないでしょうか?(※)

また、病気などに犯されたときの応急対策を知っていたほうがよいのではないかと思いました。

その後、気になったこと

※2013.2.26 追記
用土の問題のように書いてましたが、問題ないとしていた水やりが気になります。 用土を換えて水はけが悪くなり木を腐らせてしまった?という可能性も考えられます。

戻る

スポンサーリンク

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2016 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…