幸福の木の育て方 第11話―【肥料実験】腐葉土(観察) 2013.09.16

トップ >育成体験ストーリ >第11話―【肥料実験】腐葉土(観察)

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第11話―【肥料実験】腐葉土(観察)」を掲載しています。

1つだけ腐葉土を入れてから3ヶ月が経過

挿し木から5ヵ月半後の幸福の木―【左】幸福の木4号、【中央】幸福の木3号、【右】幸福の木5号

前回)から3ヶ月経ちました。

同じ条件で挿し木した2つの幸福の木の片方だけ腐葉土を入れてみて、次のようなパターンのどれかになるのではと 予想していました。

  1. 変わらない(腐葉土による変化は見られない)
  2. 幸福の木4号(腐葉土入り)の方が成長する
  3. 幸福の木4号の方に病気など害が生じる
  4. それ以外の結末

いったいどうなったのでしょうか?

2つの幸福の木を比較

【左】腐葉土を入れた幸福の木4号、【右】腐葉土を入れない幸福の木5号

写真の左が「腐葉土有(幸福の木4号)」で、右が「腐葉土無(幸福の木5号)」です。

葉の色や生長度合いを見ても、見た目で分かる差がないようです。

幸福の木4号(腐葉土入り)の方が小さいように見えますが元々小さかったです。

3ヶ月様子を見たが腐葉土の効果は見られず

挿し木から2ヵ月半後の幸福の木―【左】幸福の木4号(腐葉土入り)、【中央】幸福の木3号、【右】幸福の木5号

同じ条件の幸福の木の片方に腐葉土を入れて、3ヶ月様子を見てみましたが、 目に見える腐葉土の効果は確認できませんでした。

なんで効果が見られなかったのでしょうか?

  1. 期間が短くて目に見える変化とならなかった?
  2. 元々入れていた土が腐葉土と同等の養分を持った土だった?
  3. 肥料よりも影響を与える何か(光や温度など)の効果が大きかった?
  4. それ以外の理由?

うーん、まだ判断するのは早いのかもしれません。もう少し様子を見たいとおもいます。

戻る

スポンサーリンク

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2016 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…