幸福の木の育て方 第12話―【肥料実験】腐葉土(結果) 2013.11.09

トップ >育成体験ストーリ >第12話―【肥料実験】腐葉土(結果)

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第12話―【肥料実験】腐葉土(結果)」を掲載しています。

1つだけ腐葉土を入れてから5ヶ月ほど経過

実験開始(第10話)から5ヶ月経ちました。

実験開始から3ヶ月ほど経った前回(第11話)の観察では、 目に見える腐葉土の効果は見られませんでした。

それから2ヶ月ほど様子を見てみましたが、いったいどうなったのでしょうか?

2つの幸福の木を比較

【左】腐葉土を入れた幸福の木4号、【右】腐葉土を入れない幸福の木5号

写真の左が「腐葉土有(幸福の木4号)」で、右が「腐葉土無(幸福の木5号)」です。

幸福の木4号(腐葉土入り)の方が葉の色が濃くなりました。

※幸福の木4号の方が小さいように見えますが元々小さかったです。

5ヶ月様子を見たところ腐葉土の効果が見られた

挿し木から2ヵ月半後の幸福の木―【左】幸福の木4号(腐葉土入り)、【中央】幸福の木3号、【右】幸福の木5号

同じ条件の幸福の木の片方に腐葉土を入れて見たところ、3ヶ月くらいまでは特に差は見られませんでしたが、 5ヶ月ほど様子を見てみたとろ、葉の色の濃さに差がでました。

幸福の木を買ってきて1年くらいはいいのですが、2年目以降、葉の色が薄くなり元気がなくなってきます。

アンプルを試したり、米のとぎ汁を試したりしてみましたが、うまくいかず悩んでいました。

これで悩みが解決しそうです。

戻る

スポンサーリンク

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2016 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…