幸福の木の育て方 第15話―花が咲いた 2016.01.16

トップ >育成体験ストーリ >第15話―花が咲いた

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第15話―花が咲いた 2016.01.16」を掲載しています。

現在の幸福の木

2016年1月16日の幸福の木―全体像

前回から8ヶ月ほど経ちました。ほんとうに時がたつのは早いですねw。 今も幸福の木は元気です。挿し木した幸福の木も元の幸福の木の方もさらに大きくなり、茂みのようになってきました。

今回は、元の幸福の木の方の話題です。ちょっと見えますでしょうか?元の幸福の木に白い花が咲いているんです。

幸福の木に花が咲いた

2016年1月16日の幸福の木―花の部分ピックアップ

これです。これ。 小耳にははさんでいましたが、実際にわが家の幸福の木が花をつけるなんて想像していませんでした。 実物を見せてくれてありがと。

実際に幸福の木の花を見れたのでレポートしておきますね!

花が咲く兆候

昨年のクリスマス当たりから、冬なのに幸福の木の枝が伸びはじめました。

ふー、今思うと危なかったです。 芽は柔らかく、腐って枯れたときの幸福の木の芽に似た感触がしました。 完全に頭の中では、「あー腐ってきたなぁ。はぁー。取らないと」って思いました。

取ろうとしたとき、なんかいつもと違う小さい粒粒が密集したものが見えて、もしかしてつぼみ?かもと思って、様子を見ることにしました。 本当によかったです。

花の匂いが強め

つぼみが大きくなってきて、いつ咲くんだろうと年末頃から待ち遠しく見守っていました。 1月14日に帰宅したところ、強烈な花の匂いが部屋中に。 子供がいますが、子供には「パパ臭い!ママー、パパ臭ーい」ってっていわれました。 子供は正直です。

ぷっすーという音がして花が咲く

あと驚いたのは、咲く瞬間です。咲くときぷっすーという音を立てて、一気につぼみから花ビラになりました。 ぷっすーって聞こえると、今一つ花びらになったなって。そんな感じです。

2016年1月16日の幸福の木―花の部分大きめの画像

昼は花がしぼんで夜花がひらく

14日に咲き始めて、15日半分咲きで、本日昼写真に収めようとしたところ、あれぇー咲いてない。 もう終わり?と思っていたところ、夜また開きました。夜行性のようです。

花の蜜かな?白いドロドロした液が垂れる

花の蜜かわかりませんが、茎に白いドロドロの液が垂れてきます。 好奇心でなめてみたところ甘かったです。まだつぼみが大きくなる前から垂れていたので、樹液かなと思います。

開花条件は?

ここ2、3年は条件が同じだったのですが、秋ごろから熱帯魚を飼い始めて、熱帯魚のライトを当てながら育てていました。 ひかりが条件にあるかもです。今後、検証してみたいと思います。

最後に

今回はじめて幸福の木の花が咲きました。まだ咲いたばかりでこの後の経過がどうなるか。 後ほどレポートできればと思います。

戻る

スポンサーリンク

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2016 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…