▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. 幸福の木(ドラセナ)を増やす方法
2. 幸福の木(ドラセナ)の株の増やす方法
3. 幸福の木(ドラセナ)の枝を増やす方法
4. 伸びすぎた幸福の木(ドラセナ)を短くして増やす方法

参考
更新履歴

1. 幸福の木(ドラセナ)を増やす方法

幸福の木(ドラセナ)の株を増やすには挿し木という方法が使えます。 また枝を増やすには切り戻しという方法が使えます。 さらに伸びすぎた幹を切断して短くする取り木という方法があります。

枝を切るのは勇気がいりますが、挿し木をするための枝をカットするとカットされた元株の方は切り戻しされた状態になるので、挿し木をすると増えた株と元株両方とも楽しむことができます。 枝が伸びすぎてきたら挑戦してみたいですね。

挿し木とは

挿し木(さしき)とは、植物や木の枝や株を切り分けて、土などに挿して根付かせ、独立した新しい株を作る方法です。幸福の木の挿し木の例や用土、発根促進剤など関連情報をまとめています。

詳細

切り戻しとは

切り戻し(きりもどし)は、伸びすぎた枝や茎などを切り取って、株を短くし、樹形を整えることを言います。

取り木とは

取り木は、庭木などの植物を増やす方法の一つで、茎などの部分を傷つけることで新たな根を発生させます。 分割して木を増やしたり、弱ってしまった根の代わりとして新しい根を活用することができます。

2. 幸福の木(ドラセナ)の株の増やす方法

ドラセナの株の増やすには挿し木が使えます。 以下はドラセナの挿し木を試した際の体験レポートです。

手順1)枝を切り取る

まずは枝をつけ根から切り取ります。

切る前の幸福の木の枝

切った幸福の木の枝

手順2)下の方の葉をはがす

次に鉢に差す際に邪魔になるので下の方の葉をはがします。

右のように残った葉も蒸散量を抑えるため、短く切り落としてしまったほうがよいようです。

余分な葉をはがした枝

手順3)鉢に枝を挿して完了

水はけのよい用土に挿して完了です。

【左】葉を残して挿した幸福の木、【右】葉を残さないで挿した幸福の木

3. 幸福の木(ドラセナ)の枝を増やす方法

枝を増やすには切り戻しが使えます。 枝をカットするとカットされた枝の元から芽が出て新しい枝が出来ます。

枝をカットした直後

枝をカットした直後のイメージです。

【左】幸福の木4号、【中央】幸福の木3号、【右】幸福の木5号

1ヶ月半が経過

枝を切りとってから1ヶ月半が経過したイメージです。別のところから新しい芽が複数出てきました。

枝を切りとってから1ヶ月半が経過―幸福の木3号

3ヶ月半が経過

3ヶ月もすると枝になっていました。

挿し木から2ヵ月半後の幸福の木―【左】幸福の木4号、【中央】幸福の木3号、【右】幸福の木5号

4. 伸びすぎた幸福の木(ドラセナ)を短くして増やす方法

伸びすぎた幸福の木(ドラセナ)を短くして増やす方法には、幹を切り取って植えて発根させる方法やより安全に行う取り木があります。 今度実際に試してレポートできればと思います。

参考

参考情報です。

ドラセナ

ドラセナは、他の観葉植物と比べ、成長度合いが遅いのが特徴で、幅もあまりとらなくて人気のある観葉植物の種類です。 代表的なドラセナには、幸福の木(マッサンゲアナ)が挙げられます。

詳細

更新履歴

この記事の更新履歴です。

トップ特集・まとめ幸福の木の増やし方