幸福の木の育て方 第4話―その後のドラセナ 2009.04.29

トップ >育成体験ストーリ >第4話―その後のドラセナ

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第4話―その後のドラセナ」を掲載しています。

今回は、第2話で新しく購入したドラセナが、その後どうなったのかを紹介いたします。

2009年4月29日現在の幸福の木

2009年4月29日現在のドラセナ

あれから、2年半の月日がたちました。第2話で購入したドラセナは 左の写真のように枯れることはなく育ちました。

観察してみると2年前になかった枝が出来て、背が高くななりました。

根っこの量も鉢には収まらなくなり、2008年の夏頃には大きな鉢に移植を行いました。 移植先は水はけが悪くて根を腐らせないように、ハイドロボールにしました。 今回は無事に移植に成功しました。

ドラセナの葉が元気ない

何とか幸福の木を枯らすことなく育てることが出来るようになりましたが、なんか元気がないんです。 購入時よりも葉の色が薄く、形は細長くなってしまいました。

これは、栄養が足りていないのが原因と思われますが、ドラセナ購入時に指していたアンプルは止めました。

アンプルを挿していたら、ある日気がつくと葉にオレンジ色の点々が出来るようになりました。 アンプルをやめてから新しい葉には点々が出来なくなったのでアンプルが原因と判断しています。

ドラセナに元気になってほしい・・・

何かアンプル以外に栄養を与えるものはないかと考え、米のとぎ汁などを与えてみましたが、目に見える効果はありませんでした。

いろいろ調べてみると植物には光が必要ですが、光の与える時間も重要なようです。 そこで光を1日24時間与えていましたが、15時間くらいに減らしてみました。

若干は改善しているようですがやっぱり元気がないのです。 まだまだ試行錯誤の日々が続きます・・・

戻る

スポンサーリンク

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2016 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…