幸福の木の育て方 第5-7話―葉を濃くしたかったが・・・ 2009.06.11

トップ >育成体験ストーリ >第5話―葉を濃くしたかったが・・・

幸福の木の育て方の育成体験レポートです。今回は「第5-7話―葉を濃くしたかったが・・・」を掲載しています。

前回は、葉の色が薄くなってしまった幸福の木についてあれこれ考えている様子を紹介しました。 今回は葉の色を復活させるため、夏場は日中に室外へ出してみる計画を立ててみました。

前回と現在の幸福の木

なんか4月29日と今の幸福の木を比較してみると、若干緑色の部分が増えて元気になってきました。

毎日観察している感じからすると、新しい葉は古い葉よりも緑色なのですが、その新しい葉の部分が 増えたためです。

2009年4月29日のドラセナ

2009年4月29日のドラセナ

2009年6月11日のドラセナ

2009年6月11日(右)のドラセナ

幸福の木には温度と光が重要

やっぱり、夏に近づき気温が上がってきたからですかね。 そう考えると幸福の木を元気に成長させるには気温と光が重要であることに気がつきます。

アンプルなども必要かと思われますが、葉に赤い点々ができたりして危険もはらんでいます。

幸福の木には夏場の室外の環境がベスト?

このように考えていくと夏場の室外の環境がベストなのではないか、と思います。 じゃあ「夏場は室外に出しておけばいい」でよいのでしょうか?

出来れば観葉植物は室内で観賞したいし、冬場も元気よく育ってほしいと願います。 目的は幸福の木を元気よく育てるペストな環境を室内に作って幸福の木を楽しむことだと思います。

でも本当に夏場の室外の環境がベストなのでしょうか。

幸福の木を夏場は日中に室外へ出してみる計画

そこで、今年の夏は幸福の木を夏場は日中に室外へ出してみることにします。

幸福の木を元気よく育てるペストな環境として夏場の室外の環境が よいのかを判断してみたいと思います。

ちなみにここでいう元気な幸福の木は、葉の色が濃い緑で、葉の茂り方も密度が濃く、 すくすく育っている幸福の木をイメージしています。

もし夏場の室外の環境がよいと判断出来たら、今年の冬場は室内に夏場の室外の環境を 作り出す努力をしてみたいと思います。

第6話―また幸福の木がほしい 2012.05.20

あれからいろいろありまして、間が空いてしまいました。残念ながら計画は振り出しです。

それにしてもリーマンショック後、嫌なことが続きました。 なんか幸福の木(ドラセナ)の葉の色が元気なくなっていったのもそれがあらわれていたかのようです。

幸福の木(ドラセナ)を友人に譲ることに

それと、前回からしばらくして、急に遠隔地に長期間出張することになりました。

ドタバタしている状況だったので、「葉の色を緑にする計画」は断念して、友人に幸福の木を預かってもらうことにしました。

長期出張から戻ってきて、友人に幸福の木(ドラセナ)について尋ねるとすっかりお気に入り、手放したくないとのことで、友人にそのまま譲ることにしました。

代わりの幸福の木(ドラセナ)がほしい

代わりの幸福の木がほしいなぁと思い、どこか出かけるたびに観葉植物ショップで 幸福の木(ドラセナ)を見ていましたが、「ここからどうやって持って帰ろう」、「これはちょっと値段が高い」、 「値段は安いけど大きすぎる」など、ちょっとした障害で購入につながりませんでした。

オンラインショップで購入することに

結局、前の幸福の木(ドラセナ)をオンラインショップで購入したように今度もオンラインショップで購入することにしました。

持って帰る心配もないし、サイズも値段も手ごろな物を歩いて探さなくても見つかるなどちょっとした障害が減ります。

今回は別のオンラインショップで購入

はじめに前回購入した「第一園芸 オンラインショップ」を見たのですが、大きめサイズしかなく別を探すことにしました。

幾つかのオンラインショップに、ちょうどいいサイズの幸福の木(ドラセナ)が販売していましたが、「株式会社ブルーミングスケープ 観葉植物のコーナー」で購入することに決めました。

値段が他よりも若干安く、鉢も豪華なものが写真に載っていたので一番お得感を感じました。

届くのが待ち遠しいです。

第7話―観葉植物の通販の感想 2012.05.26

前回は、長期出張で友人に幸福の木をあげてしまい、その後また欲しくなり、以前購入した「第一園芸」を見たのですが、大きめサイズしかなく別を探すことにしました。

幾つかの通販サイトに、ちょうどいいサイズの幸福の木が販売していましたが、値段が他よりも若干安く、鉢も豪華なものが写真に載っていたので「ブルーミングスケープ」で注文しました。

ブルーミングスケープ(観葉植物の通販サイト)とは

ブルーミングスケープとは樹木や観葉植物などの生産、販売を行っている会社です。 「花が咲いている風景」という意味でブルーミングスケープという社名をつけたそうです。

通販サイトURL)https://www.bloom-s.co.jp/

今回はこちらの通販サイトで幸福の木(ドラセナ)を購入しましたので、そのレポートになります。 通販サイトの選定の参考になればと思います。

土日は営業しておらず届くのに5日

先日、「株式会社ブルーミングスケープ 観葉植物のコーナー」で注文した幸福の木が、木曜日の朝届きました。 注文したのが、土曜日で土日は営業していないようで、 確認が月曜日で発送が火曜日、到着が木曜日の朝という感じです。

鉢が立派

お手頃サイズの幸福の木ですが、届いた箱がデカ~い!さっそく開けて、びっくり。デカ~い!鉢が立派過ぎる!

【左】新しく購入した幸福の木3号、【右】完全に枯れた幸福の木1号

長旅お疲れさまということで、まずはじめに水を上げ写真をとってみました(写真の左)。

右下の方に居るのが幸福の木1号です。 (完全に枯れてからは、お守りとして神棚に置いています。)

今回限定で「付属品に天然水晶(パワーストーン)」

今回は特別に天然水晶を付属しているとのことです。 注文すれば、特別に何かを付けてもられるのかもしれません。

付属の天然水晶(パワーストーン)

「水晶は、広い範囲でパワーを発揮し、全てが良い方向へ向かい、邪気を吸収し、…」といわれているそうです。

天然水晶を、幸福の木の土の上に置いて、気を浄化してくれるように同封してくれたそうです。

なるほど、おもしろそう。さっそく置いてみよう、と思いましたが、 浄化方法が障害に。水道水で洗った後、塩水に三時間付けて、水ですすいで一晩月光浴するらしいです。

一先ず、完全に枯れた幸福の木1号と一緒に神棚に置いておくことにしました。 何か不運が続いたときに、切り札として試してみることにします。

葉の色が濃くて元気そう

来たばっかりの幸福の木、葉の色が濃くて元気そうです。

来たばっかりの幸福の木3号の葉

ハッピーな気分をありがとう

今度はこの色を絶やさないようにして、繁殖に挑戦してみたいです。 友人が幸福の木2号を気に入ってくれたし、繁殖させたら、誰かにプレゼントして喜んでもらいたいなとか想像してみました。

ハッピーな気分をありがとう。

戻る

幸福の木を育ててきてまとめた教訓です。

Copyright (C) 2007-2021 幸福の木の育て方. All Rights Reserved. Loarding…